双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

【ワークライフバランス】フレックス(10時~15時勤務)がバランス良い働き方で満足

       f:id:Happy_forever:20180312172721j:plain

どうも、万年平社員になるであろう、だいまるです。

 

2018年11月19日より復職しまして、今のところ10時~15時のフレックス勤務で仕事をしています。

まだ休職明けということもあり、課長が最大限配慮してくれました。感謝です。

 

フレックス勤務やって思うのは、ライフワークバランス(敢えてワークとライフを入れ替えました。ライフ>ワークと思うので)がすごく良いというところです。

 

◎メリット

1. 10時出社ということ。

朝すごくのんびりできます。

体調が悪い時も、朝にゆとりがあるため落ち着いて出社の段階まで持っていくことができます。

私は現在徒歩通勤(30分くらい歩きますが)のため、電車の時間等に合わせなくて完全に自分のペースで勤務できます。

よって10時を目標とすると9時半に家を出れば良いという計算となります。

8時半に起きればまぁ間に合うでしょう。

 

2. 15時退社ということ。

実際はもっと早く帰っていますが、午後の時間を休息に使ったりして有効に活用できます。といっても今のところ休息しかしてませんが…

午後に2時間以下だけの勤務は精神的にも体力的にも楽です。

 

×デメリット

1. 仕事が時間内に終わらない場合同僚に押し付ける形となり大迷惑を与えること。

病気について、課長から課内に私の状態を話しているので理解はされていると信じたいですが、結果的に15時までには帰らなければならないため、終わらなかった仕事を同僚にやってもらいことになります。

非常に申し訳ないです。

が、しょうがないと思って自分を追い詰めないようにします。

 

2. 給料がとてつもなく減額されること

私の会社は標準が9:15~17:55の7時間40分勤務+1時間休憩となっています。

単純に計算して、

10:00 - 9:15 = 45分

17:55 - 15:00 = 2時間55分

合わせて3時間40分のマイナス残業となります。

月に22日勤務、私の時給が2,000円と仮定したら、

3時間40分×22日≒80時間

80時間×2,000円=160,000円

毎月給料から160,000円の減額となります。

貯金と遺産金と障害年金で乗り切りたいと思います。

だからFXで大博打なんかやってる余裕ないのに・・・なぜそんな大きなことができるのか。

これが躁らしいですけどその時は自覚ないのよね。というか躁だと全く恐怖がないのが恐いです。

 

デメリットを考えても、メリットの方が大きいため、私にとってフレックス勤務は非常に助かっています。

今後も無理せず、とりあえず出社できれば良いという気持ちに無理やりもっていって頑張っていこうと思います。

 

ご愛読ありがとうございました。