双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

【復職1日目】【経済】今日から会社に復帰しました。はじめはフレックスから。そして経済問題。

       f:id:Happy_forever:20180312172721j:plain

どうもこんばんは、だいまるです。

2018年11月19日(月)本日より正式に復職しました!

始めはフレックス制度を利用して、8:30~15:00を基本に仕事をしていきたいと思います。

コアタイムは11:00~14:00なので、この間に出勤していたら一応大丈夫です。

しかし、ゆくゆくはフルタイム(残業は一生やらない予定ですが)で働きたいので、8:30~15:00の勤務から始めたいと思い、実行しています。

 

①復帰して職場の人間関係はどうか?

意外と本日初日からなかなか良好です。

休職前の状態にすぐ戻ることができました。

同じ課の中で2人異動で代わっていましたが、まぁ大丈夫そうです。

 

②復帰して仕事内容はどうか?

今日はメール整理、資料の整理(自分の机のみ)と年末調整の書類を書いていました。

まだ仕事は与えられてない状態です。

ちなみに自分から率先して仕事を取りに行く考えはありません。

そういった自分を追いこむことは一生やらないことにしました。

そりゃ仕事を率先してやりこむことで成長はするでしょう。

しかしそれで精神病になったり精神病が悪化しては本末転倒です。

会社にとって一社員なんて代わりはいくらでもいますが、自分は自分一人しかいません。

病気になったからといって会社は薬を与えたり治してくれるわけではありません。

自分中心に物事を考えることは正しいと思っています。

 

全員が全員、自分中心に物事を考えてもいいと思います。

そうすることでマクロ的に見ると社会が個人に対して最適化(ブラック会社淘汰等)されると思います。

自分を犠牲にするからブラック会社が生まれるのです。

自己犠牲は経営者の甘えた考えにコミットするのです。

経営者、管理職はいかに平社員を働かして会社の利益を出して株主様へ還元できるかを考えるのが仕事です。それは平社員が考えることではありません。

ちなみに株主様というのが重要です。利益出しても社員に落ちてくる恩恵は微々たるものです。

平社員の最適な行動は、仕事はほどほどで積極的に投資を行うことだと考えます。

投資を行う=株主になる=資本側に回る、のが最適なのです。

 

ただ、ただ!、これから景気はどうでしょうかね?

 

① 消費税増税により世の中のお金が減り、明らかにデフレになります。

公約をよ~く読むと、消費税増税分は社会保障等に使われますが、財政健全化(聞こえはいいけど世の中からお金を無くす、金融緩和量的緩和とは逆の行い)に8割使われます。アホなのかな。

デフレになると、供給に対して需要が減り、経済成長はマイナスか限りなく0になるのではないでしょうか。

 

② あと、移民です。

移民が入る⇒人口が増える⇒生産量が増えて消費量が増える⇒景気回復!

というおめでたい考えの人が多いのではないでしょうか。

実際は、

移民が入る

⇒経営者が怠けて一人当たりの生産性を上げなくても人手が増えてコキ使えると考える

⇒よって結果的にマクロで見ると日本国全体の生産量は増えない(金融緩和、財政出動をするわけではないので、人口が増えても世の中のお金が増えるわけではない)。

⇒賃金は人口増加により一人当たりで考えると薄まり減少する。(なぜなら世の中のお金が増えないから)

⇒消費量は変わらないかデフレによって減少するか。

⇒景気変わらないか低下かどちらか。

 

にわか経済ですが上記のように私は考えています。

ちなみに上記考えは三橋貴明さんと上念司さんの経済解説youtubeネコでもわかる経済問題というサイトで仕入れました。

にわかなので確実に合ってるかはわかりませんが、私は腑に落ちました。

ネコでもわかる経済問題・総合

 

経済再生をする政策(インフレターゲット2%を達成出来るまで世の中のお金を増やす等)が出るまで景気失速するのではないでしょうか。

ということで私は株やら円安やらのポジションは今はとらない予定です。

まあ逆神なのでわかりませんが(笑)。

 

話がだいぶそれましたが、自分の体調を最優先して仕事をしていきたいと思います。

 

ご愛読ありがとうございました。