双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

【EX予約】私が東海道新幹線こだま号でグリーン車に乗れる理由

             f:id:Happy_forever:20180212160224p:plain

どうもこんばんは、だいまるです。

 

私は東海道新幹線に乗るときはEX予約サービスを利用しています。

 

☆EX予約サービスとは

乗車日当日まで予約でき、東海道・山陽新幹線の指定席がおトクなエクスプレス予約の基本商品。自由席が混み合う繁忙期も一年中変わらないおトクなおねだんで指定席をご利用いただけます。

  • 乗車日当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能!
  • 購入後、予約の変更は列車発車時刻前まで何度でも手数料無料!

EXこだまグリーン早特|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

 

EX予約をネットで行い、EX-ICを使えばチケットレス

ICカードを改札にピッっとタッチするだけで新幹線に乗ることが出来ます。

 

       f:id:Happy_forever:20180212160705j:plain

 

EX予約サービスを利用するとかなりお得なところがあります。

そのうちの一つに、EXこだまグリーン早特というサービスがあります。

 

☆EXこだまグリーン早特とは

3日前までの予約で、「こだま」グリーン車をお手頃なおねだんでご利用いただける「EXこだまグリーン早特」。おトクに、グリーン車で快適に過ごしたい方におすすめの商品です。

  • 乗車日の3日前までの予約で「こだま」グリーン車がおトク! ※1
    例えば、東京~名古屋なら9,000円、東京~新大阪なら11,200円。

 

3日前までの予約という縛りがありますが、こだま号に限りかなりお得にグリーン車に乗ることができます。

このおかげで私はこだま号でグリーン車に乗ることができています。

 

例えば、

・東京~名古屋

◎EXこだまグリーン早特 

1. 9,000円!

みどりの窓口や券売機で買う場合※

2. 自由席 10,360円【差額1,360円】

3. 指定席 10,880円【差額2,090円】

4. グリーン車 14,680円【差額5,680円】

※新幹線のぞみ想定(こだまはよくわかりませんでしたが、これ-400円くらいだと思います)

 

以上を考えてみますと、

普通に自由席、指定席を買うよりEX予約のEXこだまグリーン早特のほうが安いということがわかります。

運賃が、指定席>自由席>グリーン車という普通じゃ考えられない状態です。

当然距離が伸びるほどより値段の差が大きくなりお得度が増していきます。

 

 

ちなみに私がグリーン車で良いと思うところ

 

1. 普通は3席+2席の5列席だが、グリーン車は2席+2席の4列席

横幅が広く(普通車40cm,グリーン車50cmらしい)、隣の人にあまり気を使わなくて済む。

 

2. コンセントが1席1つある。

東海道線普通車は壁に1つしかコンセントがないため、A席かE席しかコンセントを使えません。これはどうかと思いますがね。

 

3. フットレストがついている。

足置き場みたいなやつがあります。

靴をぬいで足伸ばしてダラ~っと足を乗せるのが通だと思ってます。

 

4. 座席を倒せる角度が大きい。

普通車は28度、グリーン車は34度らしいです。

たったの6度かと思われますが、6度でも体感かなり違います。

 

5. 前の座席との幅が大きい。

グリーン車は普通車に比べて12cm幅が大きいです。

これなら前の方が34度座席を倒してもそんなに圧迫感ないです。

広々で快適です。

 

以上5点かな。他にもあったかもしれないけど思いつくのはこの5点。

 

こだまグリーンで唯一ダメなところは、こだま=各駅停車なので移動時間がかなり長いことです。

東京-名古屋だと、こだま号はのぞみ号に比べて1時間も余計にかかります(笑)

 

ちなみにEX予約サービスでお得になることはまだ他に結構あります。

今回はその一つにすぎません。

過去記事で、グリーンプログラム【新幹線をある程度利用すると無料でグリーン車(のぞみ可)にのることができるサービス】について書きました↓↓↓

 

train-forever.hatenadiary.jp

 

なんかJR東海の差し金みたいな記事になってしまいましたが、EX予約サービスはかなりオススメです。

一度試す価値アリです。

のんびり移動するかなぁってときにはEXこだまグリーン早特を積極的に使っていきましょう。

 

ご愛読ありがとうございました。