双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

休職中なので無収入。健康保険の制度を活かすしかない!

        f:id:Happy_forever:20180222164706j:plain

いつもご愛読ありがとうございます。だいまるです。

さて、私は8月下旬から会社を休職しておりまして、実家で療養しています。

(時々飲みに行くけど、アル中だしなんか人生むなしいので)

 

休職中は働いてないので当然給料が出ません。

それどころか様々な控除(厚生年金住民税健康保険など)をコンビニに行って払わなければなりません(苦笑)!!!

公共料金払うのと同じ感覚ですね。

 

果てさて困りましたな。

でも一応救済措置はあるんです。

 

それは健康保険の制度のうちの一つである傷病手当金

うちは厳密に言うと私の場合会社からの見舞金となりますが、世間一般的には傷病手当金が支給されます。

全国健康保険協会によると、傷病手当金とは以下の通りです。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

病気やケガの療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。

 

ちなみに過去に感染症腸炎に罹ったときに傷病手当金を申請しました。

それについては過去記事で書きました。

train-forever.hatenadiary.jp

傷病手当金(見舞金)が1日あたりいくらになるかは忘れてしまいましたが、そんなに高くなかったはずです。1日あたり5,000円はあると信じていますが。

なので、ちょっと節約しないと家計に響きますね・・・。

 

ところで・・・

傷病手当金の存在を知っていると、最近よく保険会社のCMでやってる「所得保障型」の保険っていらねくね?と思います。

だって働けなくなったら傷病手当金出るんだから十分補償されてるやん!

毎月保険料払う必要ないやん!

って私は思います。

所得保障型の保険は傷病手当金の認知度の低さにつけこんだ悪徳商品なのではとも思ってしまいます。

 

あと健康保険についてついでにもう一つ。

健康保険の制度で高額医療費の上限は決まっています。

つまり高額な医療費は返ってきます!

具体的な額の例としては、これもまた全国健康保険協会によると、

標準報酬月額26万円以下の方は自己負担限度額は1ヶ月につき57,600円らしいです。

つまり、どれだけ医療費が高くても1ヶ月57,600円払えば良いのです。

 

以上のことは国民皆保険なので誰でも制度を使える・・・と思います。

健康保険って医療費3割負担になるだけの存在じゃなかったんだね。

 

こういう制度を知ってないとあれやこれやいろいろ保険入らなきゃ(使命感)みたいになってしまいますよね。

 

ちなみに私は会社の保険以外はがん保険と先進医療保険以外入ってません。

固定費は削らないとね。ジワジワ資金減らされるからね。

 

以上、ご愛読ありがとうございました。