双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

5月は固定資産税の月。固定資産税について軽く解説。

       f:id:Happy_forever:20180527142445j:plain

5月はGWという楽しい連休のある月ですが、税金の支払いという憂鬱なイベントのある月でもあります。

 

私は一人暮らしなのですが、一人暮らし先にも実家にも車はないので重量税?といった自動車税の支払いには縁がありません。

 

しかし実家は持ち家のため固定資産税の支払いがあります。

固定資産税(こていしさんぜい)とは、固定資産の所有者に課税される地方税である。(地方税法第343条第1項)

つまり家持ってたら課せられる税金ってことですね。持ってるだけで課税かよ(笑)。

 

ちなみについ先日納税通知書が届きました。

固定資産税について全然詳しくないため軽く調べてみました。

かなりおろそかな知識ですが軽く解説したいと思います。

 

まず実家の固定資産税の納税通知書はこちら↓↓

f:id:Happy_forever:20180527144351p:plain

重要そうな箇所に①~③の番号を振りました。

 

①. 土地

まず課税標準額ってなんですか?っていう話なんですが

f:id:Happy_forever:20180527144823p:plain

https://www.city.inagi.tokyo.jp/kurashi/zeikin/koteisisanzeitosikeikakuzei/koteisisanzeitoha.files/tochinokazeihyoujunnnomotomekata2014.pdf

・実家は200㎡(=60.5坪)以下の敷地なので小規模住宅用地に該当する

・小規模住宅用地なので課税標準額(固定資産税)は土地価格6分の1【1,889,930円】

・小規模住宅用地なので課税標準額都市計画税は土地価格3分の1【3,779,860円】

 

<蛇足>

これからわかることは実家の土地価格です。

たぶん、1,889,930円×6倍=11,339,580円です。(逆算しただけです)

 

 

②.  算出税額

上記より課税標準額はわかりました。

それでどのくらいの税金がかかるんじゃい!ってところなんですが、税金の算出方法は以下の通りみたいです。

・固定資産税・・・課税標準額(固定資産税)の1.4%

都市計画税・・・課税標準額(固定資産税)の0.3%以下(住んでいるところによる)

実家を例に実際に計算してみると、

6,700,379円【課税標準額(固定資産税)の土地+家屋】×1.4%93,805円≒93,800円

8,590,309円【課税標準額都市計画税)の土地+家屋】×0.3%25,770円(実家は0.3%未満らしく21,475円)

なるほど確かに合っています。

 

 

③.  差引年税額

今年の固定資産税は115,200円のようです。

月1万円くらいの固定出費と考えてよさそうです。

ちなみに前年より税額上がっています。

家屋の評価額は経年劣化?により下がったのですが、土地の評価額が思ったより上がったためです。

 

 

ところで、税の仕組みから考えると東京の持ち家の人だと何十万も払ってることになるなぁと予想できます。

東京で家を持つのは土地代家屋代だけでなく、毎年の固定資産税もキツイということがよくわかりました。

持ち家を考えている人はこの記事を参考にしていただければと思います。

 

ご愛読ありがとうございました。