双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

うつ病の頃の話。実家暮らしが最強なのと傷病手当金の知識は必須。

        f:id:Happy_forever:20180328190619j:plain

2つお話です。実家暮らしと傷病手当金

まずは実家暮らしは最強なんだなという話です。

 

私は今は寮に住んでいますが、昔うつ病で休職していたときは実家に帰省していました。2013年くらいの頃です。

その頃の家計簿を見てビックリしました。

2013年4月ですが、

月の支出1万円以下※やんけ・・・

※厚生年金健康保険寮費といった類の出費は除いて。

 

いくらうつ病でほぼ活動してないにしても月1万で暮らせていけたことは事実です。

正確には月の支出4,200円ほどでした。

内訳は、お見舞い(?)に来てくれた友達との食費のみです。

衣=たまたまゼロ!

食=4,200円!

住=ゼロ!

後述しますが、傷病手当金の収入があるため、貯金を切り崩すどころか貯金しながら休養することができました。

 

ちなみに私が思う実家暮らしのメリットデメリット。

 

○メリット

・実家だと食費があまりかかりません。

昼ごはんと友達との飲み会くらいしかお金かからないのではないでしょうか。

うちの母は料理が好きかつ上手なので、一人暮らししているときよりも遥かに美味しく遥かに栄養バランスのとれた食事をとれました。

 

・実家だと住居にかかるお金が全然かかりません。

実は私の場合休職している間も寮費払っていたので住居はお金かかってました・・・がたぶんこれは特例。

普通だと家賃光熱費水道代ネット代・・・などかかりますよね。それがタダです。

○デメリット

・人を家に呼ぶ時、家族の了承が必要です。

私の場合一人っ子かつ両親寛容だったのでほぼ了承されました。

 うーんデメリットこれだけかな。

どう考えてもメリットがでかいですね。

といっても私みたいに実家と職場が離れすぎている場合はやむをえず一人暮らしになります・・・悔しい!

東京に実家がある人はとてつもなく恵まれていることがわかります。

(あんまり実家マンセー&一人暮らしディスりすぎると自立ガーさん達を呼んでしまうかな)

 

 

うつ病のときの収入(傷病手当金)の話。

うつ病のときの収入は傷病手当金が全てです。

傷病手当金については過去記事で少し書きました。

 

train-forever.hatenadiary.jp

train-forever.hatenadiary.jp

まとめると、

・連続して4日以上就業不能の場合、4日目以降に対し傷病手当金が支払われる

・額は自分の所属する健康保険組合にもよるが、最低でも標準報酬月額の66%(3分の2)はもらえる。

・健康保険の制度なので、健康保険に入ってる会社員(会社員全員?)傷病手当金の請求ができる。

傷病手当金うつ病のときだけでなく、軽いものでインフルエンザ、重い物でがんで就労不能のときに活躍します。会社員なら誰でも請求できます(たぶん)。

 

いつ何が起こるかわからないので、

4日以上休んだら傷病手当金

と覚えておいた方がいいです。

なぜなら自分から請求しないとお金もらえないからです。

知らない場合は無収入生活になってしまいます・・・。

 

 

世の中知らないと損することばかりで嫌になりますよね。

医療や税制は特に。

これからも、これは知っておかないと損・・というか致命傷!と思ったことは情報発信していきたいと思います。