双極性障害者の生活×情報の発信×投資事情

精神病×ライフハック×投資の三本柱

精神科(双極性障害)へ通院してきました

        f:id:Happy_forever:20180312165449j:plain

精神科へ通院してきました。

うつ病の括りではありますが、私は双極性障害(昔でいう躁うつ病らしいです。

 

FXで狂ってたエピソードやほとんど寝ずに活動していたエピソードが有ることと、反動でかなり重い鬱?が長引いたことから双極性障害と診断されたのかなと思います。

診断書を見ると自閉症スペクトラムにも該当してるみたいです。

 

FXで狂った結果はこちらの記事の通りかなと思います。

train-forever.hatenadiary.jp

昔から双極性障害の気があったのか振り返ると・・・

 

<小学生>

とにかく落ち着きがない。

死ぬほどダルイときがあってその時は保健室で寝てました。

不登校まではいかないけど保健室っ子でした。

ただ、友達は多かった方かも。

ほぼ毎日友達の家か自分の家で遊んでました。これただのわがままっ子やん・・・

 

<中学生>

とにかく落ち着きがない。

保健室っ子ではなかったけど授業中は起きてられずに寝てしまうことがありました。

水泳部に所属していたのですが、部活には打ち込めました。

市内大会なら入賞できるくらいには頑張れました。

友達に恵まれてました。というのも小学校の友達がそのまま中学校の友達となったのが良かったです。この時の友達とはいまでも飲んだり遊びに行ったりします。

 

何故か高校入試の勉強は頑張れました。

勉強は楽しくないけど、学年順位で良い成績取るのが面白くてゲーム感覚で勉強してました。たぶん大学受験より高校受験の頃の方が勉強しました。

ただ、勉強の仕方はコツコツではなくドカン型でした。

やるときとやらないときの差がかなりありました。

 

<高校生>

やる気が無さ過ぎる時は寝てました。というか起きてられませんでした。

中学生までは成績良かったのですが高校で成績落ちました。

 

部活は引き続き水泳部。

高校の水泳部メンツはかなり濃い友人関係となりました。

今でも結構な頻度で飲んだりします。LINEはほぼ毎日してます。

 

大学受験はそこそこがんばれました。

ただこれもコツコツではなくドカン型

継続が全くできないときがあって、これっておかしいんじゃないかと思いました。

ただドカン!とできるときにはできるので結果オーライの状態にギリギリもっていくことができました。

 

長くなってしまうので大学以降は割愛・・・

 

いままでドカン型で人生なんとかなってしまっていたけど、社会人に求められるのは気分の波の振幅が小さくて継続してやり遂げることなので、そのギャップに苦しんでいるのが今の状態です。

 

ちなみに薬は結構な種類を飲んでいます。

でも薬を飲むことで多少社会になじめるならいいかと思っています。

つまり薬を飲むこと=悪いことと思っていません。

 

今後病気が良くなっていくのかわかりません・・・というか良くしていくのは自分の考え方次第ってのもあるので、ポジティブに、かつ、活動の大小の波を大きくしないことを心がけていきたいと思います。